いつかのどこかの箱の中

つらい、しんどい、やさしい、たのしい

「親に大切にされない」=「自分には価値がない」と思っていた

 

うちの実家は機能不全家族でした。私は母との関係に非常に苦労しました。

 今回、お話ししたいことはこの問題です。

 「親に大切にされない」=「自分には価値がない」と思っていた。

 

親に大切にされない?

まず「子供を愛さない親なんていない」と言う人もいるでしょうけど、そうかもしれないしそうじゃないかもしれない。

少なくとも私は、親に愛されてるとか大切にされているって実感が薄かったです。

私は別に太平洋のような大きな愛で包まれたかったわけではなく、少しは大切にして欲しいとか、ちょっとでいいので配慮して欲しいとか、せめて普通程度には、いや普通よりちょい下程度でもいいからとか(こんなふうに書くとどんだけ自分に自信がないんだって感じですが)その程度に大切されていると感じたかったのです。

親と揉めれば揉めるほど、なんでこんなことすら分かってもらえないの?とかムカつく!とか傷ついた!とかそんなのばかりで、私は親に大切にされているようには全然思えませんでした。

 

「親に大切にされない」と「自分には価値がない」がなぜ繋がるか?

普通に考えて、人は大切なものは大切にし、大切でないものはゴミとして処分したりします。自分にとって大切なものは失くしたりダメになったりしないように丁寧に扱うのです。そして、私の中でこんな考えが育ってしまいました。

「親が私を大切にしない」=「私は大切じゃない」=「私には価値がない」

もっと言うと、価値のないものは不要。ゴミはゴミ箱へ。私なんてこの世にいない方がいいということになります。

 

自分には価値がない?

実はよく考えてみると「親が私を大切にしない」=「親にとって私は大切でない」=「親にとっての私には価値がない」ってことですよね。

「私には価値がない」って言うと世間全体から拒否されているような絶望感。でも「親にとっての私は価値がない」と言うと、親だけかい!って気になります。

肉親にすら価値がないと思われるなら、世間ではもっと価値がないと思われるのでは?と不安になりますが、大丈夫です。親にしろ世間の人たちにしろ、聡明で公平で主観や偏見にとらわれずあらゆる事情に精通し私のことを全て知り尽くした上で総合評価を正しくジャッジしてくる人はまずいません。

「私には価値がない」と思う時、その評価を下しているのは、実は私自身なのかもしれません。そして自分なら自分を正しく評価できるのか?自己評価って間違っていることも多いものなんですよね。

 

それでも「親に大切にされなかった私には価値がない」が正しいと仮定すると…。

私よりもっとひどい環境にいる人、むごい虐待を受けた人や生まれてすぐに親から捨てられたような人は私より価値がない人間なのでしょうか? 絶対違うと思います。

だって、もしも素晴らしく思いやりに溢れる人がいたとして、でも実は虐待やイジメを受けてましたって聞いたら……?  私のその人への評価は下がるどころか、むしろそんな逆境を乗り越えて?と好感度アップです。素晴らしい人じゃなくごく普通の人でも同じことです。紆余曲折を乗り越えた上で普通に暮らしてるならそれだけで立派です。

ということは、人の価値は、誰に何をされたかでは決まらないのではないでしょうか?

こうして人のことを想像してみると、「あの人は親に大切にされなかった」 =「あの人には価値がない」とは全然思えません。主語が「私」なら成り立つ話が、主語を他の人に変更すると成り立たないと思える。変ですね。

 

人の価値とは何か?

それでは実際のところ、私には価値があるのでしょうか?ないのでしょうか?

私の価値を決めるものは、社会への貢献度?人間性?容姿?学歴?収入?運動神経?美的センス?音感?年齢?肌の色?思いやり?ストレス耐性?健康度合い?

 物差しならいくらでも用意できる気がしますが、どれ一つ取ってもイマイチ胸がはれません。私の考える私の価値を決める要素は、優劣を決めるものみたいです。

優れている私には価値がある、劣っている私には価値がない。

こんな記事を書くぐらいなので、私は私に自信が持てません。私、めちゃくちゃ優れていますよ!私は価値がある人間です!と堂々と言うことができません。

でもね、私にとっての私は唯一無二のかけがえのない存在で、私が生きているから私はこうやって考えることができています。劣っていようが価値がなかろうが、私は私自身と付き合っていくしかないんです。

もちろん自分の劣っている部分については努力して改善していく必要があります。ただどんなに努力しても叶わないこともあるだろうし、体も脳も老化していくだろうし、ずっとポジティブ思考でずっと向上し続ける事は不可能です。どこかで劣っている自分を認める必要がある。

 

劣っているなら価値がない、価値がないならゴミはゴミ箱、不要な人間は消えた方がいい。でも私にとって私は大切な人、大切な人は大切にする、大切な人には価値がある、……うーん、なんだこれは。結局どっち?混乱します。

優劣で価値を決めるとか、価値のあるなしで私の存在意義が決まるとか、そんなのはおかしな話なのかもしれません。

 

 優れていて価値のある人を大切にする、劣っていて価値のない人を冷遇する。他人にそうするのは差別でありタブーですが、自分に対してもそれはしちゃいけないことでした。

 

大切なものは大切に、ゴミはゴミ箱に。これはモノに対する考え方で、人や生き物に対して考えることではありませんでした。

 

最後に

親との関係に悩んだ私に、「親なんてほっとけばいいんだよ」と言ってきた人もいましたが、なかなか耳を傾けることができず悩み続けてしまいました。気にしなければ良いのはわかっているけど気になってしまう。その悩みの奥底にあったのは歪んだ考えでした。

 

私は大人だし経済面と生活面は親に頼っていないのですが、離れて住んでいても精神面は自立できていなかったみたいです。

 親とのことで悩んでいると見せかけて、 1番の問題は自分の内面のことだったかもしれません。

 

親にないがしろにされたら悲しいし苦しいし辛い。でもそれは親が私の価値を認めてくれないからイヤなのではなく、私にとって大切な私が侵害されるのがイヤだったみたいです。

 

 

おしまい。