いつかのどこかの箱の中

つらい、しんどい、やさしい、たのしい

ブログを書くのが大変すぎる。問題はアウトプットかもしれない。

こんにちは。まりもです。ブログ投稿、二回目です。

なんと早速、スターをつけてくださった方や読書登録の方がいらして、ありがたい限りです! 

 

今日の問題。ブログ初心者の私、書くの大変すぎる。 

「どんなブログにしよっかな(わくわく)」とか
「あれとかこれとか、書いてみたらどうだろう?」とか思っているのですが、なかなか筆が進みません。

 

どんどん書いて記事を増やして、「ブロガーです」って言えるレベルになりたい。じゃあ、書けば?って話なんだけど、書けない。書きたいよー、でも書けないよ。やだもう、何これ、何で???

 

 私は何で書けないの???

 

書きたいものがあって書けないってどういうことなんでしょう?私って、そんなに読み書きが苦手な人間だったのでしょうか???一応人並み程度は書けるぐらいに思っていたのですけど、何という勘違い。

そして悩んで気がつきました。……ん、ちょっと待てよ。読み書きが苦手?読み書きって?

 私は読むのが好きです。そしたら自動的に書くほうも好きなんじゃないでしょうか?でも上手くいかないです……。何で? 

読むと書くって同一分野の作業じゃないんですか?

 

インプットとアウトプット。原因はそれかも。 

考えているうちに思い出しました。
「読む」と「聞く」がインプット
「書く」と「話す」がアウトプット という話。

 

「読む」「聞く」は脳に取り入れる作業で、「書く」「話す」は脳から取り出す作業なんですってね。そっか、もしかしてそれでかな?

アウトドア派かインドア派かと聞かれたら、私はインドア派。
そして、インプット派かアウトプット派かと言われたら、私はインプット派のような気がします。アウトプット派ではない。

 

アウトプットが苦手ってことか。むちゃくちゃ思い当たる…!

 
考えてみたら私は、昔、緘黙症で悩み、現在はコミュ症ってほどでもないけど、その傾向があるのでした。それに人見知りだしね。話すほうもかなり苦手なんです。


そして、書くのはもっと苦手かもしれません。さっきまで自覚なかったけど。

LINEやメールでの短文のやりとりなら私の生活にも多々あるのですが、まとまった量の文章を自分で考えて自分の言葉で書くという経験が、私にはほとんどありません。(学生時代、小論文とか書いてたんだったかな?私の学生時代は、ン十年前なので忘却のかなたです)

 

事務の仕事もしてきたけど、書くのが苦手というのは意識してませんでした。たまたま私のしてた仕事が、私のレベルでもぎりぎり行ける内容だったのかもしれません。あと、事務の仕事で「書く」のとブログで文章を「書く」のは、同じ書くでも性質が違いますしね。


もしも、ジャンプで例えるなら、事務仕事の「書く」は「こっち方向にこれくらいの高さでジャンプする。着地点はここ」って決められている感じで、ブログを書くのは、「どっち方向にどれだけの高さで飛ぶかは自由。着地点も自由」って感じがします。自由って楽だけど、自由って難しいよね。

 

読むのが好きで、小説や漫画も好きだしネットでいろいろ読むのも好き。最近ははてなブログが好き。だからこそ、読むだけでなく書く側にも回ろうと思ったのですけどね、早速つまずきました……。

 

(もしかして、ここまで読んで『すらすら書いているじゃん!』って思ってくださる方もいるかもしれませんが、書くのにけっこう苦労してますよ、笑)

 

まとめ。 

ブログを始めたおかげで、書くのが苦手ってことを確認できました。苦手だからやめちゃおうとは思ってなくて、苦手だからこそチャレンジのしがいがあるかもね?と思います。だんだんとコツを覚えて、徐々に進化していけたらと思います。

 

 自分なりの味が出せるようになるといいな。